読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

micvanyのお弁当記

学びがいっぱいマイペースお弁当生活

「ALBUS」というアプリで写真をプリントした感想

アプリ&サイト

先日知ったALBUSというサービス。

albus.is 

フォトブックは続かなかった 

以前、フォトブックを作ったことがあり、今までに5冊ぐらい作っています。

”ブック”というだけあって数十枚の写真を選ばなくてはいけません。金額的に言うと数百円から作れるので、そんなに高額なものでもありませんが、ただ、独身の私がフォトブックを作るテーマと言えば、長期の海外旅行のまとめぐらい。1冊に印刷物としてまとめることを思うと、日々のランチの写真とか、ちょっとした日常生活の写真は何か違う気がして。

結局フォトブック作りは続かず、最近はプリントすることがなくなっていました。

ALBUS(アルバス)は写真を8枚選ぶだけ

スマホに写真のデータばかりたまっていた時だったのでちょうど良いかなと思って、注文してみることにしました。選ぶのは基本8枚だからサクッと選べて注文は簡単。

ちなみに写真は無料だけど、送料はかかります。とはいえ、送料も200円ちょっとなので、1枚あたりで換算すると、そんなに高くないかなと思いました。

データをSDカードに入れて、店舗に持って行って、印刷したのを受け取る時間と手間を考えると、全然安い気がします。 

注文した写真が届いた

注文して4、5日で写真が届きました。

f:id:micvany:20160911180941j:image

届くまでは画質が心配だったんですが、届いてみて一安心!ちょっと濃いめに色は出てますが、iPhoneで撮った写真も十分な画質。一眼レフで撮った写真は、よりキレイです。

私はキャノンの一眼レフとnikonのミラーレス一眼を使っています。

印刷した写真の紙は、一般的な写真と変わらない光沢があってある程度しっかりした紙。もっと薄いペラっとしたのが届くのかと思ってたので、本当よかった。

5月は旅行に行ってたので、旅先の写真とお弁当のコラージュ写真をプリントしましたが、来月はどうしようかな。

子供がいるわけではないので、お弁当の写真が中心になりそうですが、毎月少しずつ写真がたまっていくのが今から楽しみです。

FlashAirが便利

お弁当を撮るときもお世話になってるWi-Fi対応のSDカード。NikonのミラーレスにはWi-Fi機能がないので、SDカード側で補っています。

TOSHIBA 無線LAN搭載 FlashAir SDHCカード 32GB Class10 日本製 (国内正規品) SD-WE032G
 

撮った写真をパソコンに保存しなくても、デジカメからiPhoneに直接データを送れるのでとても便利です。