読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

micvanyのお弁当記

学びがいっぱいマイペースお弁当生活

これぞ本場の味?!異国のペーストで「ガパオライス弁当」を作った

この日はガパオライスのお弁当です。 

f:id:micvany:20170326144415j:plain

先日、新宿で立ち寄ったこちらのお店。 

f:id:micvany:20170326145204j:plain

アジアスーパーストアー | Asia-superstore

タイ料理の食材を中心に、普段見たことのない調味料などがたくさんあり、ついテンションが上がって、いくつか気になるものを買ってみました。そのうちの1つがこちらの「 Holy Basil Seasoning Paste」です。写真と英語から察するに、多分ガパオライスの素のはず。

f:id:micvany:20170326144754j:plain

f:id:micvany:20170326145341j:plain

裏面にも日本語の説明はありません。英語の説明を頼りに作ってみました。

ガパオライスを作ろう

1.椎茸1パックとひき肉150gほどを炒める

裏面には”ひき肉250gを炒める”とありますが、お肉がそんなになかったのと、体重のことを考えて、今回は椎茸で代用です。

2.サラダ油(大さじ1)を温めたフライパンにしく

英語力がないので”1 tablespoon of vegetable oil ”の 1 tablespoon ってなんだっけ・・・とgoogleで検索。1tablespoon=(ほぼ)大さじ1杯ということだそうです。vegetable oilは菜種油とかがいいのかな?と思ったけれど、ごま油とオリーブオイルとサラダ油しか我が家にはなかったので、今回はサラダ油を使用しました。

3.ひき肉と椎茸を炒める

f:id:micvany:20170326145504j:plain

フライパン  IH対応 22cm ブラック 1年保証付き  evercook (エバークック)

フライパン IH対応 22cm ブラック 1年保証付き evercook (エバークック)

 
4.お肉の色が変わるまで炒める

f:id:micvany:20170326145617j:plain

5.大さじ1杯の水とガパオの素を加えて混ぜる

パッケージを開けると、刺激的な辛い匂いがします。

f:id:micvany:20170326145712j:plain

6.混ざったところで味見をして味を整える

さすが本場の調味料、開封時から薄々感じでたけれど、やっぱり辛いです!

もともとお肉が少なかったせいもありそうですが、とはいえ辛いので、少しオイスターソースを足して味付けをまろやかにしました。(そのままの辛さで大丈夫であれば、味付けの変更は不要です)

f:id:micvany:20170326145817j:plain

慣れない英語表記にワタワタしながら、なんとか完成。

お弁当に詰めました

基本、いつもおかずの品数は少なめなので、この日も極力シンプルにしました。前夜にガパオを作っておけば、翌朝炊きたてのご飯をお弁当箱に詰めて、緑色の副菜を解凍してキッチンペーパーで水気を取ってから詰めて、ガパオ、目玉焼きを乗っければ出来上がりです。

f:id:micvany:20170326144450j:plain

ご飯の上にガパオを乗っけて、さらにその上に目玉焼きを乗せるので、深さのあるお弁当箱がオススメです。今回は無印良品のアルミお弁当箱を使っています。

micvany.hatenablog.com

ちなみにナンプラーとオイスターソースがあれば、市販のガパオライスの素がなくても自分で作ることができます。今回使ったペーストのような、複雑なスパイスの味とはまた別物ですが、これはこれで簡単にガパオライスの気分が味わえて良いです。

micvany.hatenablog.com

お箸だと食べにくいので、ガパオのお弁当の時はスプーン必須です。