読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

micvanyのお弁当記

学びがいっぱいマイペースお弁当生活

銀座AKOMEYA TOKYO「ごはんのおとも」を作るワークショップ

お出かけ

土曜日は銀座のAKOMEYA TOKYOに行ってきました。

f:id:micvany:20151003202847j:plain

AKOMEYA TOKYO

今回の目的は、このワークショップです。

www.dreamnews.jp

職場の友人に教えてもらい「行くー!」と即答しました。ご飯のおともということは、おにぎりのおともでもあるわけで、これはおにぎり好きとしては見過ごすことができません。 

イベントでは、目の前で先生がご飯のおともの作り方を教えてくれました。

f:id:micvany:20151003203248j:plain

そのあとは、自分たちのテーブルで実践。これはトマト・味噌・ハチミツで作る、トマト味噌です。

f:id:micvany:20151003204111j:plain

f:id:micvany:20151003204424j:plain

こちらは先生がつくったなめたけ。

先生のデモンストレーションを見ている間に、テーブルの上のコンロでは土鍋ごはんがぐつぐつ。

f:id:micvany:20151003203235j:plain

ごはんを炊くための土鍋は、中蓋があるものが良いそうです。

f:id:micvany:20151003204228j:plain

炊き上がりはこんな感じ。

これを十字に切って、全体的に混ぜたらできあがりです。

f:id:micvany:20151003203957j:plain

先生の作ってくれたものも含め、6種類のごはんのおともが並びました。

左上から、精進そぼろ(高野豆腐のそぼろ)、ちりめん山椒、梅の実ひじき、トマト味噌、なめたけ、山形名物だし。ごはんが足りない〜!ってぐらい、どれもよくごはんに合います。(本当に茶碗一杯で足りなくて、おかわりもしましたが)

一番のお気に入りは、トマト味噌でした。この組み合わせは思いつかなかった…。

おにぎりの中に入れたら絶対おいしいと思うので、今度やってみようと思います。

というわけで、ワークショップのあとは、本も買ってしまいました。

f:id:micvany:20151003202738j:plain 

108このレシピがのった本に加えて、今回のイベント参加者はおまけで3つのレシピカード付き。これで1冊1000円なら全然ありです。

ごはんのおともThe OTOMO recipe book―ごはんのおいしさを引き立てる、愛すべき名脇役たち。

ごはんのおともThe OTOMO recipe book―ごはんのおいしさを引き立てる、愛すべき名脇役たち。

 

ワークショップ終わりは、AKOMEYA TOKYOでお買い物。

f:id:micvany:20151003202948j:plain

今回はちょっといいすりごまと、友人おすすめのだしジュレというものを買ってみました。(他にも色々と欲しい食材があったけど、最近冷蔵庫が渋滞しているのでグッと我慢…)